ダイビングと釣り、日々の出来事
<< 2017/06 >> 1 2 34 6 8 9 1011 12 14 15 16 1718 20 21 23 2425 26 27 28 29 30
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 8 9 10
11 12 14 15 16 17
18 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
(06/22)
(06/19)
(06/13)
プロフィール
HN:
Tyler
性別:
男性
自己紹介:
生活スタイルが変わり、2,3カ月に1度しか潜りに行けない。
日々の潜水欲求抑制に必死です。

2011年5月一眼デビューしました^^

コンデジとのえらい違いにビックリ!
面白い!

ピンボケ量産ですが
数打ちゃあたる作戦実施中

2016年水中デジイチ引退

すっかりボート釣りメインとなりました

副鼻空の調子が悪いのでダイビングは細く長く続けます

過去のボート
BIC245+ホンダ2馬力
アキレスCR310+トーハツ2馬力、6馬力
ヤマハfish12A+ヤマハ9.9馬力改

現在のボート
パーフェクター13+トーハツ9.8馬力
RSS
ブログ内検索
フリーエリア
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
日曜日は大島、予報次第で山陰と企んでました
当日深夜2時半起床
予報変わらずで
Sさんをお迎えに上がり
大島へメバル鯛ラバリレー

ド干潮出港
前回釣ったポイントで
こまいの混ざりながらも
22、23センチも連発のSさん
サビキは皮の小さいの使用
僕はポツポツ
皮の大きい鳴門タイプを使用
大島は倉橋と違い
サビキの皮が小さい方が良いですね

潮が複雑になって来たので
ポイント移動
ここで皮の小さな里見激シブに替えると
先ほどより良く食ってきます
ここも潮が複雑で流すのが難しいですが
デカいのがくるので粘ります
激流に付いてた25センチは良く引きました

個人的にはずっとメバルでOKでしたが
真鯛ダービーもありますし
鯛ラバへチェンジも4bite1fish

Sさんはドラグ出るナイスサイズがのってましたが痛恨のバラシでタイムアップ
鯛はこれから期待出来そうな感じ

画像ありませんが
久々の皮の湯引きは旨かったです


帰宅後初リフト
楽です♪
9日、日曜日
大島と悩んだ末
e浜へ

ボートの売却が決まり
乗り納め釣行となりました



朝イチは霧もなく
すんなりポイントへ到着するも
少しして真っ白
視界は30mくらい
航路ではないし
下手に動くより
ここで釣ってた方が安全と判断して
メバル狙いますが
ポツリポツリ
20センチクラスの追い食いは1度のみ


こまいのはリリースして
7匹キープ

最大21センチでした
数はいらないから
デカいの来てほしいですが
ここらのメバルはこんなものかもしれませんね

霧がなくなり鯛ラバするも
乗り納めを締めくくるピンクな魚は来ませんでした


金色リールがOHから帰ってきました
ゴリ感なくなり気持ちいい巻き心地♪
日曜日、これを使うのは倉橋か山陰か
非常に悩みました

山陰なら9時40分納竿10時帰港
1時間で片付けて
11時に出れば14時からの絵浜話し合いに間に合います
6時半が日の出、
ボートを出してる時間は3時間30分
それなら絵浜で浮かんだ方が・・・
いや、今山陰はヒラマサ祭りだし
今月の予定からして出れるのは今回のみ
天気予報も含めてヒジョーに悩ましい

結果から言いますと

ジグでこちらのみ
酒ちゃんさん、八ちゃんさんにポイント教えていただいてたのですが、
準備の段階で決まってました
山陰撃沈・・・囧rz

出港しポイント手間で
スパンカーの上の認識旗が取れてぶらぶらしてるのに気づきます
幸先悪い、、、ここでなんか嫌な予感
対処してポイント到着
さあジグ付けて・・・・
・・・・
ない・・、、、
・・・・・・・
ジクバッグ後部座席の足元にある( ̄◇ ̄;)
わすれてる

ジグ諦めてタイラバという選択肢もありましたが
ヒラマサ祭りに参加したく
港まで取りにかえりました
痛恨のタイムロス
さらに魚探が突然消えるアクシデント
調べるとバッテリー側の接続ボルトが抜けてました
ちょっと手間取りさらにタイムロス
あちこち反応探すも大きな群れ見つけられず
祭り不参加
初めてお会いしたハマさんは80オーバー含む4本上げておられました
いいなあ(@ ̄ρ ̄@)

最後に少しタイラバ落とすとなんか変、
、、、
リールのガイドに糸通さず
ロッドガイドに通してるという醜態発覚!
ホンマ何しに来たんじゃろうかw
自分で自分を貶しまくり
今月の貴重な山陰釣行は終了

絵浜の話し合いの後
ダブルヘッダーでメバルとも思いましたが
思ったより疲れていてヤメました

次の釣りは来月かなあ



© [ BLUE MIRAGE - bm-black ]